究極の履き心地の良さ エドワードグリーンのドレスシューズ

「阪急メンズ大阪」敏腕バイヤーが おすすめする英国老舗の名品

年数回は海外に渡り、靴ブランドの工場や展示会に出向く「阪急メンズ大阪」のバイヤーが今回おすすめするのは、エドワードグリーンの傑作「チェルシー」。ビジネスにもフォーマルにも使えるストレートチップの黒靴である。 1890年に英国で創業したエドワードグリーンは、伝統を守りながらも、新しい木型を発表し、進化し続けるトップブランド。同じ靴でも豊富な種類の木型から、多彩なバリエーションがつくられるのが魅力。エドワードグリーンの靴は、インサイドストレート、アウトサイドカーブという足本来の形に沿ってつくられた木型に、最高級の革を合わせることで、抜群の履き心地を生み出し、どんな足にもフィットするのが特徴だ。また、ソール交換が可能で革の手入れをすれば5年、10年と履けるグッドイヤー製法が採用されている。自分用の特別な一足として、ぜひトライしていただきたい逸品である。

Follow me!